転職を成功させるためにどのくらいの企業に応募すればいいのか??

転職希望者の内定率の実情。

売り手市場の時代、内定が出やすいといわれていますが、応募からの内定率は実は20%前後。
人気の高い大手企業への転職となると、内定率は5%を切ります。
売り手市場だからといって、「応募書類を自分だけで作成し添削せずに送る」
「何も対策しないで面接に行く」と内定をもらえる確率は非常に低くなります。
人生を大きく左右する転職、専門家に相談して少しでも成功の確率を上げるのが
ベストな選択ではないでしょうか。

理想の転職を実現するためのエントリー数

内定率から逆算すると3社から内定をもらえるエントリー数が15社となります。
3社から内定が出ればそこから自身が希望するキャリア・条件を踏まえて良い
選択ができるはずです。また、多くの企業と会うことで明確になっていなかった
キャリアビジョンが見えてくることもあります。就業中の方は時間の制約があり
多くの企業と会うことは難しいかもしれませんが、転職とは今後の未来を大きく
左右するもの。じっくり多くの企業と会っていただくことで後悔のない良い転職が実現できます。